ブラックの状態でも借りたい

個人信用情報に事故情報が登録されている間は残念ながら借入は難しくなります。
キャッシング会社への申込をすることはできますが、審査に通過することはできません。
事故情報の登録期間が過ぎた後、自分で個人信用情報を開示し、事故情報が抹消されてると審査に通過できる可能性があります。
(⇒専業主婦でも借りられるキャッシング)では審査のときにポイントとなる項目が紹介されています。
事前に確認しておきましょう。

何年で借りられるか?

自己破産をして免責の手続きをすると、ブラックリストに載るといいますが、実際にリストがあるわけではなく、個人信用情報機関に破産したことが事故情報として記載されることを指します。
個人信用情報期間は3つの機関があり、JICC(日本信用情報機構)・CIC(指定信用情報機関)・全国銀行個人信用情報センターがあります。
この3つの機関は破産や長期延滞などの事故情報を登録される期間のみ共有し合っています。
事故の登録はJICCとCICには5年間、全国銀行個人信用情報センターでは10年間残ります。
そのためキャッシング会社に申し込みする時は、消費者金融系カードローンではJICCとCICのみの照会なので5年、銀行系カードローンは、3つの機関すべてに照会をするので10年待つと事故情報が抹消されます。

注意

  1. 借りられない業者
  2. 当然ですが業者は過去に借金を踏み倒された人には貸したくありません。
    免責を受けた業者は会社独自の顧客情報に事故歴を載せ、その情報は半永久的に残ります。
    そのためJICCやCICの事故情報の記載が消失したとしても、破産を申し立てたときに借り入れをしていた業者からは二度と借りられません。
    時効がきて申込みをするときは、当時借り入れていたキャッシング会社は避けてください。
  3. 成約残しの場合、永遠に借りられない
  4. 一般的に自己破産をして免責の許可がでると、カードローン会社は、各個人信用情報の登録内容を異動し、契約が終了したことを意味する「完了」に変えなければなりません。
    しかし、何らかの理由により「完了」になっていなかったり、免責されたはずの借入残高が記載され延滞の状態になっているなど、契約が残ったままのことを「成約残し」といいます。
    成約残しが発生している場合、規定の期間を過ぎてもネガティブ情報は載り続けることになり、事故情報も消失しないので借入が出来なくなってしまいます。
    成約残しがないか確認するために、自己破産で免責を受けた場合は、翌月に自分で個人信用情報を開示することが大切です。